〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜平成30年度〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


●第29回ゴルフ大会  場所:白樺カントリークラブ

 614日(木)心配された台風の影響もなく、組合員22名、来賓8名のご参加をいただき、無事

29回大会を終えることができました。

 プレーでは、スコア的に満足した方、不満の方おいでになるかと思いますが、和気藹々の中、

話しに花を添える珍プレーなど笑いと共に、表彰式、懇親の会を終えさせていただきました。

当日、北海道電力鞄ケ東支社様、ハラデンキ蒲l、十勝電材蒲lより沢山の景品を頂戴しまし

た。心より御礼申し上げます。これからも色々な賞を取り入れ、上手な方ばかりではなく、皆さ

んに楽しく賞を獲っていただくよう、考慮しながら行っていきたいと思いますので、是非とも沢

山の方のご出席をお待ちしております。有難うございました。

 記 事業委員長 神山 良仁

 




2級引込線工事士安全技能講習会(新規)

 517日(水)北海道立帯広高等技術専門学院において、新規取得者に対する引込線工事士安

全技能講習会が開催され
3月の認定講習に参加した25名(試験認定23名、講習認定2名)が受講

しました。

 始めに十勝地区運営委員会 委員長の太田理事長より開講挨拶をいただき、座学講習では北海

道電力椛濫z電カンパニー帯広支店 配電
G田村主任より、例年同様、引込線・計測器工事に係

わる基礎知識・留意事項等のご説明と
実技前の電柱昇降に係わる基本動作をDVDにて確認後、

今年度よりリニューアルされたスマートメーターに関わる計測器練習問題を行いました。実技


習では同配電Gの内藤氏より模範実技、服装点検、
胴綱や補助ロープの使い方等をご指導いただ

いた後に受講者は単柱と変圧器柱を計2回、無墜落昇降柱法に基づき昇降訓練に励み、必須項目

を修得しました

 




●第二種電気工事士講習会(筆記・技能)

 412日(木)より、北海道帯広工業高等学校において、第二種電気工事士資格取得に向けた

事前対策講習会が開催されました。

各週2回にわたり筆記15名(計12回)、技能14名(65日より計14回)の受講者は仕事の合間

を縫いながら資格取得を目指し、講習に励みました。

筆記試験では受験者全員が見事合格となりました。ひとえに、金谷校長はじめ、鈴木教頭、電気

科の佐藤科長、新妻教諭、我妻教諭、高橋教諭、増田教諭、水谷教諭、竹岡教諭、皆様のお力添

えのおかげと心より御礼申し上げます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜平成29年度〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



●高圧ケーブル端末処理(スリーエム工法)講習会

 314日(水)北海道立帯広高等技術専門学院において、高圧ケーブル端末処理講習会が開催

され、
16名のご参加をいただきました。

玉田事業副委員長の開講挨拶後、スリーエムジャパン叶蜻芬x店の佐藤様より、実習に向けたケ

ーブル接続に関する基礎知識、作業手順、施工の注意点について説明を受けました。その後、実

際にケーブル(
CVT22sq)の被覆剥ぎ、接地用クランプ取付、圧着処理と一連の動作を修得し、

最後にテストが行われました。受講者には後日、修了証が交付されました。

 




2級引込線工事士認定講習会および認定試験

 314日(火)当組合2階会議室において、新規取得者に対する2級引込線工事士認定講習会が

開催され、取得希望者
25名(試験認定23名、講習認定2名)の方が受講しました。

午前中の試験に向けた認定講習では、講師を務めていただいた北海道電力椛ム広支店 配電G上野

副長より引込線・計測器工事に関わる留意事項を学びました。午後から認定試験を受けられた方

は全員合格となり、
516日に開催される安全技能講習を受講後、認定証が交付となります。

 




●ボウリング大会

 第35回の記念大会となりましたボウリング大会が、224日(土)帯広スズランボウルにて、

組合員各社より男性
29名・女性7名・合計36名のご参加をいただき開催されました。

 ゲームは出村副理事長の華麗な始球式(ガーター)でスタート。マイボウル&マイシューズを

持参して上位を狙うベテランの組合員さんや、久しぶりにボウリングを楽しみに来たという組合

員さんまで様々な意気込みを持った方々が参加し、各レーンからは投球の度に大きな歓声や笑い、

時にはため息が入り乱れる中、
2ゲームを楽しみました。

 優勝は、丹羽さん(相互電業)、準優勝に宮野下さん(勝海電気)、3位に岡さん(北海電気)

が入賞されました。ちなみに、ノンスペア賞は今野さん(相互電業)・ノンストライク賞は澤野

さん(道朝日電設)でした。次回は是非!スペア&ストライクを狙ってください!

 来年も今年以上に豪華賞品を用意して開催する予定ですので、今後とも多くの皆様にご参加を

いただきますよう宜しくお願いします。

記 事業委員 武藤哲也

 




●電設業務研修会

1.日  時  平成30220日(火)1330分〜1630

2.場  所  ホテル日航ノースランド帯広

3.参  加  140社中117社(132名)

4.課  題

◆お客さまセンター

(1)組織の見直しについて

(2)番号決済サービスの導入について

(3)一部の電気料金メニューの新規申込みの受付終了等について

   ・新規お申込み受付を終了するメニュー

   (時間帯別、ピーク抑制型時間帯別電灯・低圧時間帯別電力・融雪用電力)

   ・時間帯別電灯等におけるでき料金割引継続適用(特別措置)の終了

  (4)新料金メニューについて(エネとくMプラン・エネとくシーズンプラス)

  (5)高・低圧臨時契約における引込線接続(切離し)工事の運用見直し

◆契約サービスグループ  

 (1)新料金メニューについて(ヒーポンeプラス)

◆配電グループ  

(1)電設工事提出書類作成における留意事項

(2)低圧先方ケーブル接続・切離しにおける引込線工事の処理方法について

(3)北海道電力・北海道電気工事業工業組合 連絡協議会 周知事項

(4)レア品スマートメーターの施工方法について

(5)スマートメーターSB機能の再確認

  (6)竣工指摘事項・不適合について

 




●帯広工業高校インターンシップ 2年生30名 実施期間 96日(水)〜98日(金)

受入れ事業所 21社(敬称略・順不同) 

相互電業

鰹シ島

アサヒ電気

叶U興電気

且ト野電工社

竃k口電器商会

大昭電気工業

鰹\勝電設

潟Cーグル電気

竃町電気

音更電設

川岸電設

株口電気工業

大塚電設工事

昭榮電機

道朝日電設

北海電気工事椛ム広支店

親栄電気工事椛ム広営業所

ハヤミ電機工業

泣}ツデン

潟Aイザワ電設

 


受入れていただきました事業所に対しまして、厚くお礼申しあげます。

ありがとうございました!




●第28回パークゴルフ大会

 729日(土)幕別町札内俳句村コースにて、組合員、北海道電力様38名のご参加をいただき

開催しました。

 初めに、出村副理事長の開催挨拶後、ルール説明ではパークゴルフに詳しい山口電工社 山口

社長様より補足をいただき、競技スタートとなりました。山口社長様、ありがとうございました。

 今回の個人戦は、4コース(36ホール)の合計スコアに、女性−5、過去の優勝者+5、準優勝

者+
3にハンディを加える方式とさせていただきましたが、なんと優勝は、ハンディがあるにも

関わらず勝海電気葛{野下さんという結果でした!来年はハンディ+
5となりますが、それでも

少ないかもしれません・・・

 表彰式では、上位順位の方だけではなく、優勝者やBM賞と同じ組でプレイした全員に景品が

当たる等、賞が盛り沢山用意され、大いに盛り上がっていただけた事と思います。

親睦目的の大会ということもあり、次回以降も皆様に楽しんでいただけるような企画を検討して

いこうと思いますので、是非とも皆様のご参加をお願い申し上げます。

 

        優勝 勝海電気梶@宮野下氏(写真右)       地区優勝 中央地区




●引込線・計測器工事士安全技能講習(5年毎の定期)

 712日(水)、19日(水)の2日間にわたり、北海道立帯広高等技術専門学院において、

引込線工事士および計測器工事士に対する安全技能講習会が開催され、
112名、272名、

計測器工事士
6名が受講しました。

座学講習は、北海道電力椛ム広支店配電G経澤主任に務めていただき、講話後にスマートメー

ターに関する練習問題を行いました。

実技訓練では、2級は模擬電柱を無墜落昇降柱法に基づき昇降訓練、計測器工事士は2級の地上

監視と、各々が安全施工を目的とした訓練を実施しました。
1級は講師の北海電気工事椛ム広支

店 山内氏と鈴木氏より、昇柱訓練と高所作業車の操作およびホットスティックを使用した間接

活線防護訓練を実施しました。

 

 

 




●北海道立帯広高等技術専門学院 能力開発セミナー(第一種電気工事士講習会)

 91日(木)より、各週2回、筆記(計10回)と技能(1117日より計6回)において28名の

受講者が繁忙業務の合間を縫いながら講習に励みました。

 今年度も施設の開放および講師を派遣していただきました技術専門学院様および能力開発総合

センター様の関係各位におかれましては、大変恐縮ではございますが、本書面をお借りして厚く

お礼申しあげます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 




●安全大会

 714日(金)ホテル日航ノースランド帯広において、安全大会が125名(99社)のご参加を

いただき開催されました。

 開会に先立ち、太田理事長が安全に係る注意喚起を呼びかけ、次に北海道電力椛ム広支店 

加藤支店長様からご挨拶をいただきました。講話では配電
G上野副長が昨年発生した「引込線施

工会社における墜落災害の概要および再発防止対策」を説明され
、最後に青年部の鈴木俊孝氏

(株式会社セイトー電設)が安全宣言を読み上げ、参加者一同の決意が表され閉会しました。

 

 





●帯広高等技術専門学院インターンシップ 2年生14名 実施期間 626日(月)〜30日(金)

受入れ事業所 14(敬称略・順不同)

相互電業

アサヒ電気

大昭電気工業

渇。山電気商会

竃町電気

音更電設

川岸電設

株口電気工業

大塚電設工事

昭榮電機

道朝日電設

葛、同電設

北海電気工事椛ム広支店

叶尠電設

 

 

受入れていただいた事業所に対しまして書面をお借りして、厚くお礼申しあげます。

ありがとうございました。




●第28回ゴルフ大会  場所:白樺カントリークラブ

 620日(火)出席者27名うち組合員21名と組合員の出席をいただき、和やかな内に終わらせ

ていただきました。

素晴らしい天候に恵まれましたが、今回出席された皆様は仕事が順調に伸び忙しくコースに出

る機会がまだ少なかったようで、スコアが思いのほか伸び悩んでいたようです。

今回も、ハラデンキ様、十勝電材様より景品をいただき、誠にありがとうございました。来年

もより楽しい大会にしてまいりたいと思っております。ご協力いただきました、皆さんに感謝申

し上げ報告といたします。

 記 総務委員長 神山 良仁

 




2級引込線工事士安全技能講習会(新規)

 517日(水)北海道立帯広高等技術専門学院において、新規取得者に対する引込線工事士安

全技能講習会が開催され
3月の認定講習に参加した32名(試験認定27名、講習認定5名)が受講

しました。

 始めに十勝地区運営委員会 委員長の太田理事長より開講挨拶をいただき、座学講習では北海

道電力株z電
G嘉島氏より、例年同様、引込線・計測器工事に係わる基礎知識・留意事項等のご

説明と
実技前の電柱昇降に係わる基本動作をDVDにて確認後、今年度よりリニューアルされた

スマートメーターに関わる計測器練習問題を行いました。実技
講習では同配電Gの福重氏より模

範実技、服装点検、
胴綱や補助ロープの使い方等をご指導いただいた後に受講者は単柱と変圧器

柱を計2回、無墜落昇降柱法に基づき昇降訓練に励み、必須項目を修得しました

 




●第二種電気工事士講習会(筆記・技能)

 413日(木)より、北海道帯広工業高等学校において、第二種電気工事士資格取得に向けた

事前対策講習会が各週2回にわたり筆記(計12回)と技能(66日より計14回)10名の受講者が

仕事の合間を縫いながら資格取得を目指し、講習に励みました。

 今年も、同校の金谷校長はじめ、鈴木教頭、電気科 佐藤科長、新妻教諭、我妻教諭、高橋教諭、

増田教諭、水谷教諭、竹岡教諭のご協力を賜り、夜間開催にも関わらず、学校の開放および講師

の派遣を快諾していただきました。工業高校の関係各位におかれましては、本書面をお借りして、

厚くお礼申しあげます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜平成28年度〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2級引込線工事士認定講習会および認定試験

 314日(火)当組合2階会議室において、新規取得者に対する2級引込線工事士認定講習会が

開催され、取得希望者
32名(試験認定27名、講習認定5名)と例年より多くの方が受講しました。

午前中の試験に向けた認定講習では、講師を務めていただいた北海道電力椛ム広支店配電G嘉島

氏より引込線・計測器工事に関わる留意事項を学びました。午後からは認定試験が行われ、試験

の合格者と講習認定者は
517日に開催される安全技能講習を受講後、認定証が交付となります。

 




●高圧ケーブル端末処理(スリーエム工法)講習会

 39日(木)北海道立帯広高等技術専門学院において、高圧ケーブル端末処理講習会が開催

され、
16名のご参加をいただきました。

島田副委員長の開講挨拶後、スリーエムジャパン鞄d力マーケット営業部 販売Gの森脇様と

宮永様より、実習に向けたケーブル接続に関する基礎知識、作業手順、施工の注意点について

説明を受けました。その後、実際にケーブル(
CVT22sq)の被覆剥ぎ、接地用クランプ取付、

圧着処理と一連の動作を修得し、最後にテストが行われました。受講者には後日、修了証が交

付されました。

 




●主任電気工事士研修会

1.日  時  平成2937日(火)13時〜1630

2.場  所  ホテル日航ノースランド帯広(帯広市西2条南13丁目1

3.参  加  142社中117社 参加率83

4.課  題

@経済産業省 課題(北海道産業保安監督部 電力安全課)

  最近の電力行政について

A北海道 課題(十勝総合振興局 産業振興部 商工労働観光課 指導保安係)

  電気工事士法及び電気工事業の業務の適正化に関する法律(電気工事二法)の概要と諸手続きについて

B北海道電力 課題(北海道電力株式会社 帯広支店 配電G

・スマートメーターに関する工事および取扱い等について

・しゅん工調査結果について

・災害事例に学ぶ危険感受性の向上について

C保安協会 課題 (一般財団法人 北海道電気保安協会 帯広総括支部)

 ・平成27年度定期調査不良内訳について

・電気事故事例について(設備診断技術研究会資料より)

 




●電設業務研修会

1.日  時  平成2931日(水)1330分〜1630

2.場  所  ホテル日航ノースランド帯広(帯広市西2条南13丁目1

3.参  加  142社中118社(137名)参加率83

4.課  題

◆お客さまセンター  

1.一部料金メニューの取扱い変更について

  (1)融雪用電力の新規お申込み受付の終了について

  (2)時間帯別電灯系メニューの夜間蓄熱型機器容量の0.1評価の新規適用廃止

2.新料金メニューについて

  (1)エネとくLプラン

  (2)Web・eプラス

◆契約サービスグループ  

 (3)eタイム3プラス

 1.ホットeプラスについて

◆配電グループ  

1.計測器トラブル事例について

2.タイムスイッチと単独計器の接続位置に関する全数調査について

3.スマートメーター計器SB機能および作業用ハンディーターミナルによる

しゅん工調査等の運用開始時期について

4.検満工事へのハンディーターミナル導入に向けて

5.スマートメーター(レア品)の導入について

6.臨時供給工事(引込以下工事)の施工に関する運用について(当日追加資料)

  ※ポール側にDV電線の余長を丸めた施工が禁止となる

 ◆組合連絡事項

 




●ボウリング大会

 第34回ボウリング大会が225日(土)、帯広スズランボウルにて開催され、組合員各社より

男性
29名・女性9名・合計38名が参加されました。

開会式では神山総務委員長の挨拶後、出村事業委員長の始球式でゲームがスタート。白熱?の

ゲームが展開される中、中村氏(津田電設求jが足を骨折しながらも松葉杖で奮闘!1投1投の

投球に会場からも『ガンバレ!』の大声援が送られ、大会を大いに盛り上げてくれました。優勝

は岡崎潤氏(士幌電設梶j・準優勝に吉田俊夫氏(泣^イセイ電設)・3位に相澤和彦氏(潟A

イザワ電設)が入賞されました。

来年も今年以上に豪華賞品を用意して開催する予定ですので、今後とも多くの会員の皆様にご参

加頂きますよう宜しくお願いします。

記 総務委員会 武藤哲也

 

 




●第1回 電気工事業技能競技 北海道大会

 910日(土)北海道立札幌高等技術専門学院において、第1回電気工事業技能競技北海道大会

が開催され、各地区代表の選手たちが、定められた時間内で日頃の練習の成果を存分に発揮され

ました。

 十勝からは、鈴蘭地区の大塚電設工事蒲V佐様が代表として出場致し、第1回大会という事も

あり、選手および役員の方々も緊張した中で競技が始まりました。

競技内容は、規定時間内に設置された真っ新なパネルに競技課題の単線結線図・電灯盤姿図及

び作業指示書に添って、分電盤・照明器具・感知センサー・スイッチボックス等を手際よく取付

け、露出配管にて配線を行い、最後に点灯確認等を行い、自主点検票にてチェックをし、作品は

完成。開始後、すぐパネルに部材を取付ける人、逆にすぐパネルには取付けせず、ひたすら部品

加工に専念する人など各人それぞれの進め方があり、とても興味深く感心致しました。

競技中の選手たちのピリピリした緊張感、また、競技終了時のホッとした安堵感を目の前で感

じることが出来、素晴らしい時間を共有できたと思いました。今後も、
1年おきに開催されるそ

うですが、次回が非常に楽しみです。

記 事業委員 玉田晃一

 




●北海道立帯広高等技術専門学院 能力開発セミナー(第一種電気工事士講習会)

 91日(木)より、各週2回、筆記(計10回)、技能(1117日より計6回)延べ48名の受講

者が繁忙の合間を縫いながら講習に励みました。

 今年度も施設の開放および講師を派遣していただきました技術専門学院様および能力開発総合

センター様の関係各位におかれましては、大変恐縮ではございますが、本書面をお借りして厚く

お礼申しあげます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 




●帯広工業高等学校インターンシップ 2年生名 831日(水)〜92日(金)

受入れていただいた事業所に対しまして、厚くお礼申しあげます。

ありがとうございました。

 

 


受入れ事業所 16社(敬称略・順不同)

相互電業

アサヒ電気

叶U興電気

竃k口電器商会

大昭電気工業

竃町電気

川岸電設

株口電気工業

昭榮電機

道朝日電設

北海電気工事椛ム広支店

親栄電気工事椛ム広営業所

ハヤミ電機工業

泣}ツデン

潟Aイザワ電設

距s進工業




●第27回パークゴルフ大会

 723日(土)幕別町札内俳句村コースにて、組合員、北海道電力様など61名のご参加をいた

だき開催しました。

 初めに、横山副理事長から開催挨拶をいただき、ルール説明をなされた後、競技スタートとな

りました。

 今回初めてNEWペリア方式という、36ホールのうち当日抽選で決定した18の隠しホールの点数

を合計して実際のスコアに早見表より算出したハンディを±したネットで順位を決めるという採

点方法を採用しました。例年にない順位になるのではと予想していた通り、見事に上位スコアと

下位スコアの順位が入れ替わり、表彰式では大変盛り上がりました。

親睦目的の大会ということもあり、今回はこの様なルールを採用してみましたが、次回以降も皆

様に楽しんでいただけるような新ルールを検討していこうと思いますので、是非とも皆様のご参

加をお願い申し上げます。 記 総務委員会 副委員長 田口 伸也

 




●安全大会

 76日(水)ホテル日航ノースランド帯広において、安全大会が154名(122社)のご参加を

いただき開催されました。

 開会に先立ち、太田理事長が安全に係る注意喚起を呼びかけ、次に7月より北海道電力椛ム広

支店 支店長として赴任された加藤正浩様からご挨拶をいただきました。講話では配電
G本間副

長が昨年発生した
「引込線施工会社における墜落災害の概要および再発防止対策」を説明され

最後に青年部の矢柳拓充氏(株式会社ヴァンテック)が安全宣言を読み上げ、参加者一同の決意

が表され閉会しました。

 

 




●帯広高等技術専門学院インターンシップ 2年生17名 627日(月)〜71日(金)

受入れていただいた事業所に対しまして、厚くお礼申しあげます。

ありがとうございました。

 

受入れ事業所 17社(敬称略・順不同)

相互電業

叶U興電気

日東電気工業

竃k口電器商会

叶ツ木電気

大昭電気工業

音更電設

共立電設

株口電気工業

昭榮電機

道朝日電設

ミモリ電設

ハヤミ電機工業

泣}ツデン

潟買@ンテック

北開エンジニア

距s進工業





●泊発電所および大型蓄電池施設 視察見学会

 622日(水)組合員23名、組合職員1名、随行(北海道電力社員)3名 計27名でAM8:00帯広

駅より十勝バスにて、初日の視察目的地 泊発電所に向け出発しました。途中休憩を取りながら、

行程の都合上、昼食はバス内でいただき、約5時間の移動を経て、泊発電所に到着しました。

原子力PRセンターのとまりん館にて、セキュリティーパスを受け取り、概要説明を受けた後、

持込みが禁止されているカメラ機能を搭載した携帯などの機器等を外し、移動専用バスに乗り換

え発電所構内に向け出発しました。幾度ものセキュリティーチェックを受け、バスの車窓から津

波対策の防潮堤、森林火災対策の防火帯、電源を絶やさないための多重化された電源ルート、バッ

クアップ電源車、炉心を冷やし続けるためのポンプ車、給水タンク、建築中の巨大な給水タンクな

どを見学しながら、3号機建屋に到着。さらに厳しいセキュリティーチェックを受け見学コースに

沿って 強固な水密扉、タービン建屋、コントロールセンターなど、既に完成している設備と建設

中の安全対策設備などを約
3時間にわたり見学しました。

今現在、泊発電所構内では、1,500名の北海道電力職員及び作業員が再稼動に向けて構内で働い

ているとのことで、幾重もの安全対策、テロに対する厳重なセキュリティーなど再稼動に向けた国

内最高レベルの取り組みに改めて感心させられました。

 

泊発電所を後にして宿泊先の札幌北2条クラブに向かいました。とても広い和室の部屋で荷物を

解き、全員で夕食を取り懇親を深めました。夕食の後は各自、夜の街に消えて行き初日は終了し

ました。

 

623日(木)誰一人として寝坊せず、AM8:50に北2条クラブを後に視察見学場所の安平町南

早来変電所に向かいました。1時間半程移動し、南早来変電所内にある大型蓄電システムの建物

に到着。再生可能エネルギーの出力変動に対する調整力としての性能実証及び最適な制御技術を

開発するために、北海道電力(株)と住友電気工業(株)が共同でレドックスフロー電池(15


MW *
4時間容量)を設置しているとの事です。とても大きな120m×35mの建物の中に収まってい

る約
5,000u(おおよそ小中学校の体育館の4倍程度)の蓄電池のお化けが、変電所の片隅でひっ

そりと目立つことなく、日々電力の安定供給のために働いているのだと感心しつつ内部を見学し

ました。

  1時間半程の見学の後、南早来変電所を出発し、千歳の「キリンビール園」にて昼食をとり、

予定より少し早めでしたが、
PM17:30頃帯広駅に到着しました。

今回の泊発電所と大型蓄電池システムの視察見学会はとても有意義で楽しい二日間であり、この

視察見学会を企画、全面協力して頂いた北海道電力(株)様に感謝申し上げ、視察見学会のご報

告と致します。
 

記 総務委員会 副委員長 田口伸也

 




●引込線・計測器工事士安全技能講習(5年毎の定期)

 620日(月)、28日(火)の2日間にわたり、北海道立帯広高等技術専門学院において、引

込線工事士安全技能講習会が開催されました。

 今年度は、111名、259名、計測器工事士移行希望者6名が受講しました。

座学講習は、北海道電力椛ム広支店配電G嘉島氏より、引込線・計測器工事に係わる留意事項、

計測器工事練習問題などの必須項目をご説明いただきました。座学終了後、
2級は模擬電柱を無

墜落昇降柱法に基づき昇降訓練、計測器工事士は
2級の地上監視と、各々が安全施工を目的とし

た訓練を実施しました。
1級は講師の北海電気工事椛ム広支店の長谷川副長と山内班長ともに昇

降柱訓練に加え、高所作業車の操作およびホットスティックを使用した間接活線防護訓練を実施

しました。

 

 

 



●第27回ゴルフ大会  場所:十勝カントリークラブ

 616日(木)どんよりとした天候でしたが、雨にもあたらず風もなく、ゴルフには良いコン

ディションではなかったかと思います。

出席者37名うち組合員28名と組合員の出席も多く、和やかな内に終わらせていただきました。

北電の松原支店長様のご栄転も間近に迫り、送別コンペの意味合いも含め、皆さんのスコアも

満足のいく大会であったようです。ハラデンキ様、十勝電材様より景品もいただき、誠にありが

とうございました。来年もより楽しい大会にしてまいりたいと思っております。ご協力いただき

ました、皆さんに感謝申し上げ報告といたします。

記 総務委員長 神山 良仁

 



2級引込線工事士安全技能講習会(新規)

 519日(木)北海道立帯広高等技術専門学院において、新規取得者に対する引込線工事士安

全技能講習会が開催され
3月の認定講習に参加した39名(試験認定33名、講習認定6名)が受講

しました。

 始めに十勝地区運営委員会 委員長の太田理事長より開講挨拶をいただき、座学講習では北海

道電力株z電
G嘉島氏より、例年同様、引込線・計測器工事に係わる基礎知識・留意事項等のご

説明と
実技前の電柱昇降に係わる基本動作をDVDにて確認後、計測器練習問題を行いました。

実技
講習では同配電Gの杉村氏より模範実技、服装点検、胴綱や補助ロープの使い方等をご指導

いただいた後に受講者は単柱と変圧器柱を計2回、無墜落昇降柱法に基づき昇降訓練に励み、必

須項目を修得しました

 



●第二種電気工事士講習会(筆記・技能)

 414日(火)より、北海道帯広工業高等学校において、第二種電気工事士資格取得に向けた

事前対策講習会が各週2回にわたり筆記(計12回)と技能(69日より計14回)延べ15名の受講

者が繁忙の合間を縫いながら資格取得を目指し、講習に励みました。

 今年も、同校の福井校長はじめ、電気科 佐藤科長、新妻教諭、我妻教諭、高橋教諭、成田教諭、

増田教諭、水谷教諭のご協力を賜り、夜間開催にも関わらず、学校の開放および講師の派遣を快

諾していただきました。工業高校の関係各位におかれましては、本書面をお借りして、厚くお礼

申しあげます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 










十勝電気工事業協同組合ホーム